英語の学習に役立つアプリ

英語の勉強もアプリで

アプリというと、ちょっとしたゲームや仕事で役に立つ機能のものが多い、というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
最近では、様々な学習用のアプリも増えてきています。
英語は誰もが1度は学校で教わり勉強しているものですが、しばらく使っていないと自分でも驚くくらい忘れているものです。
ビジネスで海外の人と接する機会も増えてきている現代日本において、英語を勉強しておいて損をするということはありません。
アプリで手軽に、お金をかけずに勉強しておいて、いざという時に備えておきましょう。

最低限おさえておきたい英語アプリ

総合的な英語学習がしたい場合、「Duolingo」がオススメです。
世界で300万人以上がダウンロードし、1番人気の英語アプリとなっています。
ゲームで楽しく遊び、英語学習で最も維持が難しいとも言えるモチベーションを上げつつ、英語を総合的に勉強することができます。

これまで英語にまったく触れてこなかったためほとんど忘れている、元々英語は苦手、というような初心者レベルの人にもオススメできるアプリです。
読み書きだけでなく、リスニングやスピーキングも合わせて勉強でき、見やすいデザインで操作や記録もシンプルで分かりやすくなっています。

英会話をメインで勉強したい、という人にオススメなのが「絶対話せる!英会話」です。
このアプリを制作したのは日本人ですが、アメリカの大学を卒業しているということで、日本人が英語で話せるようになる時に必要なことが詰まっていると言えます。
シチュエーションごとに英会話が並んでおり、日本人が作ったからこそとも言える解説も豊富で、非常に分かりやすいアプリです。

とにかく英単語をきっちり覚えたい、という人にオススメなのは「zunknow」です。
2万7000以上もの英語の書籍やTOEICから選んだ教材から、友達とクイズを出し合うなど競争しつつ楽しみながら英単語を暗記学習するアプリとなっています。
自分なりの教材を作り、友達とシェアすることができたり、進捗状況や勉強時間を友達と競うランキングにすることができたりするため、モチベーションが自然と上がりやすいアプリと言えるでしょう。

リスニングをメインに勉強したい人には、「TEDICT」をオススメします。
このアプリはTEDを教材としているのですが、TEDは世界の著名人が行った一流とも言えるプレゼン、スピーチを視聴できるものです。
これも楽しみながらリスニングの学習が可能です。
スピーカーで英語を聴き、それを英文で入力すれば原文と一致しているかを確かめてくれる機能があるため、聞き取りをより正確にするための学習ができるのです。
英訳字幕の機能もついています。

学習とは少し違うかもしれませんが、応用すればかなり学習に役立たせることができるのが「ウェブリオ英語翻訳アプリ」です。
日本で1番ユーザーが多いと言われるウェブリオの公式アプリとなっていて、自分の入力した文章をアプリが英語で発音してくれます。
音声通訳アプリとしても十分使えるのではないでしょうか。