電子書籍のメリット・デメリット

電子書籍

電子書籍のメリット

タブレット端末の普及とともに、爆発的に普及すると思われたものの、いまいち盛り上がりに欠けているのが「電子書籍」です。
日本は比較的物質主義が強く、紙の本を好きだという人が多いために主義として利用しない人も多いものの、実際にメリットがよく分かっていないために利用していない人も多いでしょう。
では、電子書籍にはどんなメリットがあるでしょうか。

まず、紙のように劣化することがない、ということが挙げられます。
多くの本を補完してもデータであるため場所をとること無く、いくらでも保存し続けることができる、というのもメリットの1つでしょう。

さらに、わざわざ本屋に出向かずとも購入することが出来る、というのもメリットの1つとして挙げられています。
同時に、自分が出版側に回ることも容易である、ということも挙げられます。

電子書籍のデメリット

では、逆に電子書籍にはどのようなデメリットがあるでしょうか。
紙の本ではない、というデメリットは一旦置いておくとして、他にも問題があります。

例えば、電子書籍のデータというのは電子書籍サービスのサーバーに保管されているものであるため、オフラインでは読めなかったり、あるいはサービスが終了すると読めなくなる、というものが重大な問題点だと見られがちです。